JBRCは小型充電式電池のリサイクル活動を共同で行う団体として、2001年に施行された「資源の有効な利用の促進に関する法律」(以下『資源有効利用促進法』と略称)に基づき、小型充電式電池の回収・再資源化が義務づけられた小型充電式電池メーカーや同電池の使用機器メーカー、それらの輸入事業者等などを会員とし、会員の小型充電式電池の回収・リサイクル活動を共同で行う団体として同年4月にスタートしました。
2004年4月より、事業のさらなる充実をめざし有限責任中間法人 JBRCを設立し、同年12月には「廃棄物処理法・産業廃棄物広域認定」取得。2008年12月の「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」施行に伴う中間法人法の廃止により、2009年6月に「一般社団法人JBRC」に名称変更しました。JBRCに登録され全国のリサイクル協力店、協力自治体、リサイクル協力事業者等の回収拠点から、小型充電式電池を「資源有効利用促進法」に基づき回収し、再資源化を推進しています。