『排出者』登録申請

産業廃棄物回収拠点登録

[回収拠点]登録申請方法

1.はじめに『承諾事項』を必ずご確認ください。


2.下記のリンクボタン『承諾します(PDFダウンロード)』から、『承諾事項書』及び『小型充電式電池リサイクル協力者(回収拠点)登録申請書』(以下『登録申請書』=PDFファイル)をダウンロードして、「出力紙」に必要事項をご記入、ご捺印ください。


3.上記2枚の書類はFAXにてお申し込みください。
『登録申請書』のPDFファイルはPC上で直接入力していただくこともできます。その場合もプリントアウト後、ご捺印の上、FAXにてお申し込みください。PDFファイルの「記入説明書」をご参照ください。

送付先FAX:03-5777-9781(登録受付[専用])


4.『承諾事項書』及び『登録申請書』FAX受領後、JBRCにて内容を確認の上、登録を行います。不備がある際は、ご登録できませんので、必ず全事項をご記入、ご捺印をお願いいたします。


5.ご登録完了後、回収依頼に必要な情報をお知らせする『小型充電式電池リサイクル協力者(回収拠点)登録証』(以下『登録証』)を送付いたします。ご登録完了まで、1週間程度かかりますので、あらかじめご了承ください。


6.「リサイクル協力店」は、JBRC『ホームページ』に掲載しております。ぜひとも掲載のご了承をお願いします。
「事業者」はJBRC『ホームページ』への記載は不要です。

承 諾 事 項

小型充電式電池(ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池)の再資源化処理を希望する事業者は、『登録申請書』の一般社団法人JBRCへの提出をもって、本書記載の各事項を確認・承諾のうえ、JBRCに再資源化処理業務を委託すると共に、JBRCの「回収拠点(排出者)」(以下、「回収拠点」といいます)として登録することに同意します。

 JBRCは、小型充電式電池の回収及び再資源化処理について、環境大臣より廃棄物の処理及び清掃に関する法律第15条の4の3第1項に基づく産業廃棄物広域認定を取得している。

● 認定番号:第39号
● 認定取得者:一般社団法人JBRC(東京都港区芝公園3-5-8)

 回収対象電池:JBRC会員が国内に販売し、廃棄物となった下記の電池。

● ニカド電池
● ニッケル水素電池
● リチウムイオン電池
● モバイルバッテリー(機器本体)

 運搬会社:
・佐川急便株式会社(本社:京都市南区上鳥羽角田町68)
・日本通運株式会社(本社:東京都港区東新橋1-9-3)
・日本貨物鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8)
・西濃運輸株式会社(本社:岐阜県大垣市田口町1)

 再資源化処理会社:
・日本リサイクルセンター株式会社(本社:大阪市北区西天満6-3-19)
[搬入・処理]中島工場(大阪市西淀川区中島2-9-141)

・東邦亜鉛株式会社(本社:東京都千代田区丸の内1-8-2)
[搬入・処理]小名浜製錬所(福島県いわき市小名浜字芳浜10)

・日本磁力選鉱株式会社(本社:福岡県北九州市小倉北区馬借3-6-42)
[搬入・処理]ひびき工場(福岡県北九州市若松区響町1-79-1)

・共英製鋼株式会社(本社:大阪府大阪市北区堂島浜1-4-16)
[搬入・処理]山口事業所(山口県山陽小野田市大字小野田6289-18)

 回収単位:
段ボール梱包(10kg~20kg)単位、またはJBRCが送付した金属缶[リサイクルBOX缶(満杯)、
ペール缶(10kg~20kg)]単位とする。なお、リチウムイオン電池の回収は金属缶で梱包とし、
金属缶はJBRCにWebまたは電話で依頼を行う。極めて大量の電池がある場合、JBRCの事前
の了解を得た上で、ドラム缶を使用できる。

 費用:本承諾事項書に従った回収対象電池の回収費用、再資源化処理費用及び回収に使用する金属缶費用、運送費用は、原則としてJBRCが負担する。

 回収手順:
(1)回収拠点は、回収対象電池が10kg以上貯まった場合、またはリサイクルBOX缶が満杯になった場合、次の各事項を遵守して梱包を行う。

①回収依頼する電池が回収対象電池(ニカド電池、ニッケル水素電池及びリチウムイオン電池)のみであることを確認する。

②発熱・発火の恐れがあるので、次の安全措置を遵守したうえで回収対象電池を梱包する。
・プラスチックケースやプラスチックチューブ等で被覆されている電池パックは解体しない。
・解体された電池パック、破損した電池パック、解体により取出された電池及びその部品は、回収できないので、絶対に入れない。
・リード線や金属端子は、絶縁用ビニルテープ等で必ず絶縁する。なお、リード線は1本ずつ絶縁する。
・雨水にさらされたり、水で濡れている電池パックは回収できないので、絶対に入れない。
・段ボール箱での梱包は適正な大きさで、充分な強度を有し、電池が内部で動かないよう隙間に段ボール材、その他の緩衝材を入れ、しっかり梱包する。金属缶の梱包は電池をポリ袋に入れ電池がポリ袋内で動かないように開口部をテープ等で止め梱包する。

③回収対象電池を種類別に分け、リチウムイオン電池はペール缶(10kg~20kg)、ニカド電池とニッケル水素電池は段ボール(10kg~20kg)にて梱包を行う。ただし、リサイクルBOX缶の場合は、種類分けは不要とする。

(2) 回収拠点は、上記(1)の措置を適切に実施したことを確認後、JBRCのWebサイトもしくは電話により、回収対象電池の種類、荷姿、梱包数を特定して、JBRCに回収依頼を行う。なお、万一回収拠点にて回収依頼内容の変更が生じたときは、速やかにJBRCに届出る。

(3) JBRCは、回収依頼を受付けた梱包荷物について、上記(1)が遵守されていない状況が確認された場合は、回収拠点登録を一時停止、または回収拠点登録の取消を行う場合がある。

(4) JBRCは、回収依頼受付後、運搬会社に依頼し、回収依頼荷物を引取り、再資源化処理会社に搬入し再資源化処理を実施する。

(5) JBRCは、再資源化処理会社にて検収した小型充電式電池の種類と回収重量(処理重量)を、Webサイトに掲載する。

 回収拠点が再資源化処理会社に回収対象電池その他の荷物を直接送付した場合は、JBRCの取扱いにはならない。この場合、すべての費用は回収拠点が負担する。

 回収拠点が回収対象電池でないものを含む梱包荷物の回収依頼を行った場合、JBRCは、回収対象電池でないものを運賃は回収拠点負担で、回収拠点に返送することができる。

10回収対象電池の所有権は、運搬会社に引渡した時点で回収拠点からJBRCに移転するものとする。

11回収拠点が登録を取消したい場合は、JBRCに「回収拠点登録取消届」を提出する。JBRCによる取消届受付をもって登録の有効期間が終了する。なお、登録期間中にJBRCが回収依頼受付を行った回収対象電池は、JBRCにて再資源化処理する。

12JBRCは、回収拠点に反社会的勢力との関与が認められた場合は、回収拠点の登録の取消を行う。なお、登録期間中にJBRCが回収依頼受付を行った回収対象電池は、JBRCにて再資源化処理する。

13JBRCは、本承諾事項書に記載された事項について、合理的な裁量により、予告なく変更を行うことがある。変更があった場合は、JBRCは、速やかにその旨をJBRCのWebサイトに掲載して公告するか回収拠点に通知する。

14回収拠点は、回収拠点名、回収拠点責任者名、回収拠点住所及び「回収拠点登録申請書」の登録内容に変更があった場合は、直ちにJBRCに連絡するものとする。


※下記をクリックして、『承諾事項書』、『[回収拠点]登録申請書』をプリントアウトして、ご使用ください。